本当に英会話が身につくおすすめのオンライン英会話を比較ランキング形式で徹底解説

オンライン英会話は英語以外の言葉も覚えられる?

オンライン英会話は英語以外の言葉も覚えられる?

 

オンライン英会話で学ぶなら英語以外の言語も学べたら良いのにと思う人もいるでしょう。
世界的に見て英語の需要が高いのは確かですが、グローバル化が進む今日では他の言語の需要も高まっています。
現状として各国語も学べるシステムは導入されているのでしょうか。

 

大半の業者で扱っているのは英語のみ

英語だけでなくドイツ語フランス語を学びたいという人もいます。
アジアの勢力が強まってきた影響で中国語や韓国語、さらにはタイ語やインドネシア語などの東南アジアの言語を話せるようになりたいと考える人も増えてきました。
それに応じてフランス語会話教室などのスクールやオンライン中国語などのオンラインで勉強できるサービスもだんだんと提供されるようになってきているのが現状です。
しかし、英語と他の言語を同時に学びたいと考えると、複数のスクールに入会しなければならないのが一般的です。
ほとんどの業者では専門としている一カ国語にしか対応していないため、他言語のレッスンを受けることはできません
これはオンラインスクールだけでなく、英会話教室などでも同じ状況があります。
グローバル化が進んで他言語の重要性が高まっているにもかかわらずこのような状況が続いているのは、スクール側が利益を得るのが難しいからです。
現状として英語に比べると他国語の需要はそれほど高くはありません。
英会話を中心にしたサービスを提供していると、入会した人の中のほとんどが積極的に英会話のレッスンを受けてくれます。
その中でフランス語や中国語のレッスンを選択できるようにしても、もともと英語だけ学びたいという人が大多数なので受講する人があまりいないでしょう。
しかし、それでも業者としてはある程度の人数はフランス語講師や中国語講師を雇っておかなければなりません。
24時間体制でレッスンをする仕組みになっているサービスも多く、どの時間帯でも対応できる数の講師を確保しておく必要があります。
コストパフォーマンスを考えるとなかなか他国語も学べるシステムにすることができず、英会話に特化したサービスになっている場合が多いのです。

 

複数の言語のレッスンを受けられる業者もある

大半の業者のサービスでは複数の言語のレッスンを受けることはできませんが、ニッチを埋めるサービスを提供している業者もあります。
入会すると英会話だけでなくフランス語やドイツ語、イタリア語などのヨーロッパ系の言語に加え、中国語や韓国語などのアジア系の言語にも対応している業者が散見されるようになっているのが現状です。
英会話以外のレッスンを受講するためには別途申し込みが必要になるケースが多いですが、標準的なコースに付帯していて自由に英会話のレッスンを受けるのと同じようにして他国語のレッスンも受けられるケースもあります。
スクール側が講師の確保の方法に工夫をして、うまくこのようなサービスを提供できるようになりました。
例えば、世界各国から英会話の講師を集めて登録してもらい、母国語だったりトリリンガルだったりして他の言語も教えられる講師にはその言語も対応してもらうという形で講師を確保しているケースがあります。
また、フランス語や中国語なども習得した日本人講師を揃えたり、特定の言語のネイティブスピーカーで英語の指導もできる人を講師として集めたりすることで対応できるようになっているというのも典型的な例です。
このようなサービスを利用すれば複数のスクールに入会する必要はなく、一つのシステムを使って複数の言語を学ぶことが可能です。
英語だけでなく他の言語も学びたいと考えている人は自分が学ぼうとしている言語に対応している業者を選んで入会するようにしましょう。
業者によって料金システムには大差があるので、どの言語のレッスンをどの程度の頻度で受けたいかをよく考えてから選ぶことが大切です。

 

英語の授業で他の言語を学べるか

他国語には対応していないオンライン英会話のレッスンを受けているときにも他の言語を学べるのではないかと考える人もいるでしょう。
講師として日本人や英語のネイティブスピーカー以外の人を雇っているケースは多く、その講師の母国語なら教われると考えることができるからです。
確かに理論的には他言語のレッスンを行ってもらうことができますが、通常はそのようなサービスをしてもらうことはできません。
教材などの準備が必要になるという問題があるだけでなく、講師もレッスンのレポートを業者にしなければならない場合が多いので他のことに時間を費やすことはできないからです。
このような事情を理解し、他の言語も教えて欲しいと無理を言って迷惑をかけてしまわないようにしましょう。

〇まとめ
グローバル化によって英語だけでなく他の言語も学びたいという人が増えてきています。
オンライン英会話ではあまり他国語にも対応している業者が多くないものの、だんだんと複数の言語に対応できる業者が見受けられるようになってきました。
英会話のレッスンで他の言語を教わることはできませんが、他国語のレッスンに対応している業者のサービスを使えば問題ありません。
必要な言語に対応している業者を選んで入会するようにしましょう。

サイト内検索
オンライン英会話ランキング
vipabc
DMM英会話
ベストティーチャー
Bizmates(ビズメイツ)
ネイティブキャンプ
レアジョブ英会話
産経オンライン英会話
QQEnglishオンライン
EFイングリッシュライブ
EFイングリッシュライブ
ECCオンライン英会話
記事一覧