本当に英会話が身につくおすすめのオンライン英会話を比較ランキング形式で徹底解説

オンライン英会話は24時間365日好きな時間にできる?

オンライン英会話は24時間365日好きな時間にできる?

オンライン英会話はインターネットさえ使えればいつでも受講できるのがセールスポイントになっています。
夜中でも休日でも受講できるサービスが目立ちますが、24時間365日体制で運営されているものなのでしょうか。
現状のサービスの実態について把握しておきましょう。

 

何時でも受講できる業者はあまり多くはない

受講可能な時刻がいつからいつまでかは業者によって大きく異なります
インターネットでいつでも受講できるサービスを提供していると定評がある業者の場合には本当に時刻を問わずに何時でも受講することができますが、ニーズが大きいときに限って運営している業者も少なくありません。
例えば6時〜25時といった形で深夜過ぎから早朝のあまり受講者がいないときはレッスンを行っていない場合があります。
また、11時〜25時といった形で朝の利用者が少ないタイミングは避けたり、6時〜10時と18時〜25時として通常は何らかの活動をしている昼間はレッスンを開講しないという方針を取っていたりすることもあるのが実情です。
土日祝日の受講可能な時刻を平日と違うようにしている業者もあります。
土日祝日に増やしているケースでは平日は10時〜12時と19時〜24時としているのに対して土曜日は9時〜15時と19時〜24時としている事例が挙げられます。
逆に土日祝日に短くしているケースもあり、平日は7時~21時55分という形なのを土曜は13時~18時55分、日曜は9時~17時25分としているのが具体例です。
業者によって抱えている講師もターゲットにしている受講者にも違いがあります。
その方針に応じて適切なタイミングでのみ受講可能にすることでコストダウンを心がけているのが一般的です。
結果として何時でも受けられる業者はあまり多くはありません。

 

365日体制を整えている業者はさらに少ない

365日体制を整えている業者は実はかなり少ないのが実情です。
平日に開講しているのは当然とも言えますが、定期的に平日にも休みを設けているケースもあります。
子供や主婦をターゲットにしている業者の場合には日曜日も休みにしてしまっていることもあるのが実情です。
通常は平日も土日も営業していて、日本の祝日も開講していても、フィリピンの祝日には休講いう場合も多々あります。
オンライン英会話では講師としてフィリピン人を雇用していることが多く、現地の人の都合を考えて講師の確保が難しい日は休講にしてしまっているのです。
フィリピン人の講師を雇っているときだけでなく休みになっている場合が多いのは年末年始で、少なくとも元旦はレッスンが開講されていない業者がほとんどです。
大晦日は営業していたり、1月2日も開講していたりすることはありますが、元旦は利用者もあまり多くなく、講師を確保するのも難しいことから休講にする傾向があります。
12月31日〜1月2日を休みにするか、元旦は休みにして12月31日と1月2日を半休にしている業者が多いのが現状です。
また、フィリピン人の講師が多い業者の場合にはクリスマスも休講になることがあるので注意しましょう。
キリスト教徒にとっては重要な祝日なので日本の元旦と同様に重視しているケースが多いからです。
このため、365日いつでも受講できる体制を整えている業者はあまり多くはありません

 

ニーズに合っているときに開講していれば十分

いつでも開講していて気軽にレッスンを受けられるのは魅力的で、できるだけどんな日時でもレッスンの受講が可能な業者を選ぶに越したことはないでしょう。
しかし、自分が受講するつもりがないときまでレッスンを行っている業者を選ぶ必要はありません
平日は仕事をしているから昼間は開講してなくても良いと考えることもできます。
元旦はさすがに忙しいから受講しないという人もいるでしょう。
子供に英語を習わせる目的で入会させるときには日曜日くらいは休ませてあげても良いと考えることもできます。
この日時には受講したいというときに営業して入れば問題ないと考えると選択肢を飛躍的に増やすことが可能です。
しかし、夜中の3時に受講したい、祝日を無駄にしたくないという場合には24時間365日体制の業者を選ぶことが必須になります。
いつ受講したいと考える可能性があるのかを最初によく考えた上で入会する業者を決めると良いでしょう。
コースなどと違って開講している時刻は自分の都合で変更してもらうことはできません。
悩んだらできるだけ選択肢が広い業者にしておくのが無難です。

〇まとめ
オンライン英会話はいつでも受講できるように心がけている業者が増えてきているものの、24時間365日体制で運営しているケースはあまり多くはありません。
講師の確保が難しかったり、営業利益が上がりにくかったりする事情があるからです、昼間や早朝は開講していない場合があり、年末年始やクリスマスも休講にしていることがよくあります。
そのようなタイミングで受講したいと思う可能性があるかどうかをよく考えた上で入会する業者を選ぶようにしましょう。

 

サイト内検索
オンライン英会話ランキング
vipabc
DMM英会話
ベストティーチャー
Bizmates(ビズメイツ)
ネイティブキャンプ
レアジョブ英会話
産経オンライン英会話
QQEnglishオンライン
EFイングリッシュライブ
EFイングリッシュライブ
ECCオンライン英会話
記事一覧