本当に英会話が身につくおすすめのオンライン英会話を比較ランキング形式で徹底解説

どんどん使おう!オンライン英会話で使える表現

オンライン英会話を1年続けた場合の効果はどれくらい?

初めてオンライン英会話を受講する人は、急に何を話していいのやらわからないということではないでしょうか。

今回は、オンライン英会話で使える表現をいくつかご紹介します。

オンライン英会話というよりも普通の英会話ですが、インターネット接続関連の表現など、接続が不安定になったときにパニックにならないように覚えておくと便利な表現もご紹介しますよ。ぜひ参考にしてくださいね。

 

あいさつ関連

あいさつですが、「Hello!」でも「Hi!」でもどちらでもいいです。どちらにしないといけないという決まりはありません。朝なら「Good morning!」、お昼なら「Good afternoon!」、「Good evening!」で大丈夫です。

「Good afternoon!」と「Good evening!」を間違えて覚えている人がいますが、簡単な覚え方としてはnoonが正午のことなので、afternoonは午後だと覚えておきましょうね。
午後というよりも夕方で、夜にはなっていない時間帯から夜にかけてがeveningです。日が沈んでしまったら「Good evening!」で大丈夫です。
日本語とあいさつの時間帯がちょっと違いますので、注意してください。といっても、日本の感覚であいさつをしていると、相手にとっては多少変な感じがするかもしれません。

講師のいる場所との時差がありますよね。オンライン英会話ですので、厳密なあいさつの時間帯については考慮しなくてもいいかもしれません。迷ったらとりあえず、「Hello!」です。よりカジュアルでフレンドリーにあいさつしたい場合は、「Hi!」でも構いません。

 

まずは名乗ろう

あいさつをしたら名前を名乗りましょう。I’m~.という表現でいいでしょう。自己紹介など、改まった場面では、I’m~よりもMy name is~.を使うこともあります。
ちなみに、日本人の名前の一部は外国人にとっては覚えづらく発音しづらいです。

先生の様子を見て、もしかして発音しづらいのかなと思ったらイングリッシュネームを使ってみましょう。オンライン英会話の中だけでいいので、英語の名前を付けておくと便利です。
相手は発音に苦労しませんし、受講者側はなんだか特別な気分になりますね。

もし、英語の名前付けに困ったら、英語の名前付けサイトを見てみてもいいですし、RubyやDiamondなどの宝石の名前や、Lilyなどの花の名前、Ken、Mikeなど教科書に出てくるようなスタンダードな名前を使ってもいいでしょう。

悩んだら講師にイングリッシュネームを付けてもらってもいいかもしれませんよ。
講師がイングリッシュネームを使っていることも良くあります。

 

自分の職業についての説明

自己紹介で聞かれて困ることの一つが職業についての質問です。
何をしていますかと聞かれて、職業名までを答えるのは普通ですが、その先が説明しようにもわからなくなってしまうというパターンです。

この場合は、自分が働いている業界の名前を言うとわかりやすいですよ。具体的に細かいことまでは言う必要はありません。
業界名を言うとイメージがしやすいので、単なる会社員と答えるよりは、金融機関で働いています、コンピューターを作っています、などの内容であれば話しやすいでしょう。

 

聞き逃したとき

レッスンでありがちなのが聞き逃しです。
聞き逃してわからないのにふんふんと相槌を打つのが一番失礼ですよ。聞き逃したらちゃんともう一度言ってもらってください。
「Pardon?」で十分通じます。最初は連発して恥ずかしいかもしれません。

連発しそうなら、「Please speak more slowly.」とお願いしてください。ゆっくり話すように心がけてくれるはずです。
とにかく、聞き逃したらレッスンの流れを一度止めて質問をしてくださいね。

 

慣れてきたら質問してみよう

最初は講師の言うことを聞き取り、指示を聞くので精いっぱいでしょう。
しかし次第に聞き取りができるようになってきて、余裕が出てくると思います。テキストの内容や、それ以外のことについてでも、自分から質問してみるといいでしょう。

疑問文では、「What」「Why」「How」などが使えますよ。
レッスンに関係ないことばかり質問するのも良くないですが、雑談タイムに質問文を使ってみるのはいいのではないでしょうか。

 

レッスンの直前に予定がつかなくなった場合の一言

社会人にはありがちなことですが、レッスンで都合がつかなくなることがあります。
その場合は、急に予定が入ってしまってキャンセルするという旨を伝えたほうがスマートです。無断欠席はどうしてもイメージが悪いです。

そこで、急なキャンセルに使えそうな表現をご紹介します。
まずは、「I have to cancel my lesson today because of a private matter.I’m Sorry.(私用でレッスンをキャンセルしなければならなくなりました。ごめんなさい。)」と、スカイプで送りましょう。
おそらく講師から、気にしないでくださいとか、次回会えるのを楽しみにしていますといったメッセージがあります。
この一連のやり取りがあるだけでも気分的にだいぶ違うので、意識してみてください。

 

接続が悪いとき

なぜか接続が悪いときは、「Something is wrong with the connection.(何かが起こって接続が悪い)」とか、「I can’t see you well.(よく見えません)」と言いましょう。
インターネット回線を介してやり取りしている都合上、接続が悪くなってしまうことはよくあることです。

 

まとめ

今回はすぐに使える簡単な英語表現とコツをご紹介しました。参考にしてくださいね。

サイト内検索
オンライン英会話ランキング
vipabc
DMM英会話
ベストティーチャー
Bizmates(ビズメイツ)
ネイティブキャンプ
レアジョブ英会話
産経オンライン英会話
QQEnglishオンライン
EFイングリッシュライブ
EFイングリッシュライブ
ECCオンライン英会話
記事一覧