本当に英会話が身につくおすすめのオンライン英会話を比較ランキング形式で徹底解説

オンライン英会話ではネイティブの指導を受けられる?

オンライン英会話ではネイティブの指導を受けられる?

 

オンライン英会話を受講して、本当に上達するのかな?

と疑問に思っておられるかもしれませんね。
また、教えてくれる先生は、ネイティブなのかどうかも気になるところです。
オンライン英会話の先生は、どんな人なのか、ネイティブの指導を受けられるのかなど、オンライン英会話の先生についてご紹介します。

 

 

オンライン英会話の先生は、日本人も外国人もいる!

オンライン英会話の先生は、どんな人がなっているかご存知ですか?

オンライン英会話の運営会社によっても違うのですが、外国に住んでいる学生や、学校の先生が英会話の先生をしていることが多いようです。
オンライン英会話の会社によっては、社内のトレーニングが充実していて、きちんと社員研修をしていたり、講師をオフィスに出勤させて、オフィスからの通信で英会話サービスを提供しているところもあります。
逆に、会社によっては、トレーニングもあまりしていない、ある意味素人の先生が、自宅からネットで英会話をするという会社もあるようです。
このサイトでは、厳選したオンライン英会話の会社をご紹介していますので、安心してください。

 

〇日本人の先生もいる!

でも、講師が全く日本語を理解できない人だったら、と考えると不安になってしまう人もいますよね。
ちょっと日本語ができる人がいいな、とか、むしろ日本人の先生のほうがいいという人もいますよね。
会社によっては、日本人の先生を用意しているところもあります。
日本人の先生の場合、英語関連の資格を持っていたり、海外で生活、勤務経験があるなど、英語をきちんと話せる人が先生をしています。
日本人の先生だからレベルが低い、ということはないです。
安心してレッスンを受けてくださいね。

 

その外国人の先生、ネイティブスピーカー?

なんとなく見た目が外国人で、しかもヨーロッパやアメリカに住んでいる人っぽいと、ネイティブスピーカーだと思いがちですよね。
日本人にしてみると、あまり見慣れていないのでそう思うのかもしれませんが、見た目が外国人なのでネイティブスピーカーだとは限りません。
ヨーロッパは、特に、独自の言語が沢山ある土地なので、必ずしも英語のネイティブスピーカーだとは限らないんですね。

 

〇フィリピン人講師

では、よくあるフィリピン人講師が先生をしている、オンライン英会話はどうでしょうか。
フィリピンの場合は、公用語が英語です。
もちろん独自の言語はあるのですが、公用語が英語なので、正式な場所では英語で話すという社会なのです。
したがって、英語の力や発音などは、公用語として使いこなしているレベルなので全く問題はないということです。

 

〇英語の訛りについて

他のヨーロッパの講師の場合でも、公用語として英語を話している人であれば、英語の発音や、文法などに問題はありません。
日本語に地方の訛りがあるように、英語にも若干の発音の訛りがあります。
国ごとの特徴が出る、ということですね。
でも、日本に住んでいる、日本人が完璧に訛りのない日本語を話すということがあまりないように、完璧に訛りのない英語と言うのも、本来であればあまりない話なのかもしれません。
特に初心者の場合は、地方の訛りはそこまで気にせずに、英語を話してみる、という体験を大事にした方がいいでしょう。
発音を直したいのであれば、ある程度話せるようになってから、アメリカ英語を話せる講師に直してもらってもいいです。

 

ネイティブスピーカーから指導を受けるメリット・デメリット

ネイティブスピーカーは、英語という言語の中で育ってきた人たちです。
ごく自然な英語の表現を知っていますし、発音もとても自然です。

「教科書にはあるかもしれないけど、そんな言い回しはしないよ」

ということもわかります。
ネイティブスピーカーから指導を受けることの一番のメリットは、ごく自然な発音や、言い回しを身につけることができるということです。

ところで、ネイティブスピーカーは、自分から英語を勉強した人たちではありません。
日本人の多くが、日本語を聞いて育ち、自然に日本語を身につけているように、ネイティブスピーカーは英語を身につけています。
外国語を学ぶ人がよくつまづくポイントや、わかりにくく思うところを必ずしも理解しているとは限りません。
教わる側からすると、ある程度実力がある人ではないとついていくのが難しいと感じるかもしれませんね。

非ネイティブから指導を受けるメリット・デメリット

非ネイティブ、とひとくくりにするのはいけないかもしれませんが、本来自分たちの別の言葉があるけれども、公用語として英語を使っているという人たちを、非ネイティブとします。
家では自分たちの民族の言葉を話し、外では英語というパターンですね。
この方々の場合は、外国語としての英語を学ぶことの難しさを理解できます。
英語が苦手な人の気持ちに理解があると言ってもいいでしょう。
自然な言い回しや、英語のジョークなど、ネイティブスピーカーが英語文化の中で育つからこそ得られる知識の一部を知らないかもしれません。

でも、公式の場で使いこなせる英語の力は十分あるということなのです。
外国語として英語を学ぶ日本人で、初心者の場合は同じく外国語としての英語を学んだことのある非ネイティブスピーカーの方が、身近に感じることもあるでしょう。

先生の選び方

このように、オンライン英会話の先生は様々です。
街中にある英会話学校よりも、様々な人が講師をしています。
様々な講師がいる、というのはオンライン英会話ならではのメリットです。
「合わないな」と思って途中で先生を変えたくなっても、すぐに別の先生が見つかります。
「今日は他の先生とお話をしてみたいな」という動機でもOK!

気軽にチャレンジしてくださいね。

サイト内検索
オンライン英会話ランキング
vipabc
DMM英会話
ベストティーチャー
Bizmates(ビズメイツ)
ネイティブキャンプ
レアジョブ英会話
産経オンライン英会話
QQEnglishオンライン
EFイングリッシュライブ
EFイングリッシュライブ
ECCオンライン英会話
記事一覧